2009年12月29日

朝鮮反革命戦争−天皇制攻撃粉砕、〈三里塚・組対法決戦〉勝利、首切り合理化・失業粉砕  冬期カンパの圧倒的集中を

革命的労働者協会総務委員会


 すべての闘う労働者・人民のみなさん。 いま時代は、反革命戦争・ファシズムの突撃か、プロレタリア革命への進撃かをめぐる階級決戦へと突入してきています。この時代の転換において組対法弾圧を粉砕し、三里塚決戦を先頭とした拠点攻防に勝利し、大合理化-大失業と戦争動員をはね返す労働運動を建設し、差別主義・排外主義攻撃−戦時抹殺攻撃を粉砕する被差別大衆の闘いの前進をかちとり、日帝国家権力打倒に進撃するために圧倒的なカンパを熱烈に訴えます。
 十一月十二日、戒厳令的弾圧のもとで「天皇アキヒト在位二十年式典」が強行され、さらに十三日に米帝大統領オパマが来日し、鳩山との日米首脳会談(「戦争会談」)がおこなわれました。十二日は、三里塚現闘本部裁判闘争も闘われました。「天皇在位二十年式典」とオバマ来日、現闘本部裁判が同時に計画されたことに日帝ブルジョアジーの危機感と攻撃が凝縮して現れました。恐慌−戦争とファシズムの危機の深まりのなかで、日帝ブルジョアジーが、天皇(制)を反革命国民統合の切り札としておしたてながら、日米安保ー米軍再編(沖縄名護新基地強行)を強行し朝鮮反革命戦争へ突撃しようとするものです。そのために反戦の砦=三里塚闘争を破壊し、革労協=革命党派に組対法適用−破防法攻撃を激化させてきたのです。一九二九年恐慌が帝国主義戦争によってしか解決できなかったように、二〇〇八年末からはじまった世界恐慌も戦争突撃によって解決しようとしています。
 革労協とプロレタリア統一戦線は十一・一二闘争を獄中同志の決起と連帯して首都戒厳令を切り裂きながら「天皇式典粉砕」−日帝国家権力解体・天皇制打倒をかかげて闘いぬきました。またオバマ来日阻止と三里塚現闘本部裁判闘争をつらぬいて闘いました。
 日帝国家権力は九〇年天皇決戦の爆発−敵防備兵の打倒に恐怖し、その再現の阻止にむけて警察権力の総力で弾圧してきた。九〇年天皇決戦の爆発とその反動としての破防法どう喝に屈服し路線転換があいつぎました。社・共、革マルなどの天皇を賛美するもの、また天皇(制>攻撃に沈黙するもの、天皇主義ファシストとの闘いから逃亡するものなどの対極で路線転換を拒否し、プロレタリア革命の戦略展望を鮮明にした革労協・解放派が唯一実力闘争で闘いぬくことができたのです。階級性<団結>を解体され皇軍としてアジア侵陥に動員された戦前の総括をかけて闘う党派は唯一わが革労協・解放派のみです。だからこそ弾圧が集中しているのです。革労協・解放派への支援を熱烈に訴えます。
 〇八年五・一三−〇九年二・一七組対法弾圧の被弾圧同志は獄中で意気軒昂に闘いぬいています。左翼にはじめて適用された五・一三組対法弾圧は、革命拠点=三里塚決戦勝利へと、権力闘争の飛躍へとむけた闘いが炸裂しこの闘いに労働者人民が結合して国家権力打倒の闘いが爆発することに心底恐怖した権力による予防反革命弾圧としてうちおろされました。この弾圧に対して労働者、「障害者」、「病者」、学生、人民が怒りをもってたちあがりました。階級裁判粉砕の闘いが法廷内外つらぬいて爆発し全国的に波及しました。この闘いによって裁判員制度が破壊されることに恐怖した国家権力は、なんと福岡地裁所長仲家による刑事告発によって二・一七組織破防法的弾圧を強行したのです。
 獄中同志へのテロル、「強制給食」−虐殺攻撃を断じて許さず、獄中を戦場にして闘う獄中同志とともに監獄−弾圧機構解体にむけて闘います。
 三里塚人民抑圧空港廃港決戦は七一年代執行決戦以来の最大の決戦に突入しています。敵国家権力・資本は、市東氏農地強奪、現闘本部・一坪共有地など拠点破壊を暴力的に強行しようとしています。これに対して反対同盟は四十四年にわたって培ってきた<徹底非妥協・実力闘争>の基本路線のもと流血も辞さない実力闘争で闘うと宣言しています。 「三里塚に勝って戦争をとめよう」という反対同盟の撒にこたえ労農水「障」学・全人民の隊列を強化し、実力闘争・武装闘争で廃港決戦を闘います。
恐慌−戦争に全世界で「黙って殺されてたまるか」「この社会を変革する」という労働者入民の決起が開始されています。南朝鮮労働者の首切り粉砕のゼネスト決起をはじめとして全世界で労働者の実力闘争が開始しています。そしてブッシュの「反テロ戦争」をひきついだ米帝オバマのイラク占領支配、アフガニスタン反革命戦争、パレスチナ解放闘争圧殺に対して人民の武装決起が米軍−多国籍軍を打倒し、米帝を敗勢に追いやっています。
 われわれは全世界労働者人民の闘いと連帯して闘います。全世界労働者・人民に競争・分断を強い、搾取・収奪・隷属と虐殺をもって延命しようとする帝国主義ブルジョアジーの打倒と資本制生産様式の廃絶を全世界の労働者階級の共通の目的として闘います。
 鳩山連合政府は、安保・米軍再編−名護新基地建設を強行し、朝鮮反革命戦争に突撃しようとしています。そして社会保険庁の解体をはじめとした公務員合理化をおし進めています。また、沖縄・狭山・国鉄など拠点闘争を破壊し翼賛化攻撃を激化させています。連合は「政労使合意」をもって首切り合理化を推進しています。われわれは翼賛化攻撃を粉砕し、鳩山連合政府打倒にむけて闘います。 「失業問題は治安間題」 (運合高木)と言い放つ連合と対決し、職場決起、国鉄・全争議の勝利にむけて闘います。
 戦時下の弾圧とテロルと対決し、明大・九大拠点化、「障害者」解放闘争、「病者」解放闘争、部落解放闘争、沖縄人民解放闘争、日朝連帯闘争、女性解放闘争に全力で決起します。
 戦時下の反革命=革マルを解体・絶滅し、反共・排外主義の先兵ファシストをせん滅します。 親ファシスト−ミニ・スターリン主義的私的サークル集団=木元グループを解体・根絶します。
 〇九〜一〇福日労越年越冬闘争に勝利し、一〇反戦・反合・政府打倒春闘にたちあがります。 <三里塚・組対法決戦>に勝利し、安保・米軍再編(名護新基)−朝鮮反革命戦争粉砕、天皇訪韓阻止に総決起し、プロレタリア革命にむけて総進撃します。
 すべての闘う労働者・人民のみなさん、獄中同志を奪還し、一〇年階級攻防に勝利するために圧倒的なカンパを集中されることを訴えます。

 カンパ送り先
書留 東京都杉並区下高井戸1−34−9 現代社
郵便振替 00100−6−142518 現代社


(「解放」947号)
【関連する記事】
posted by 三千光年 at 18:08| Comment(1) | カンパ要請 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
モバクシーで読みました。がんばれ、革労協!
Posted by びーふん at 2009年12月29日 20:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


           
お売りください。 ブックオフオンラインのインターネット買取 / A8.net / Color Me Shop! pro / 『週刊ダイヤモンド』最新号購入&定期購読 / 僕も出会いたい。NOEL / お金がない?それは財布のせいではないですか? / 店舗価格21,000円のダイエット商品を無料贈呈 / ないものはない!お買い物なら楽天市場 / シルク下着なら【シルクル】 / 骨盤ダイエットがポッコリお腹を撃退! /<--まぐまぐ--> まぐまぐ!マーケット / 全国版建設専門紙の日刊建設工業新聞 / 【炭皇きわみ】炭パワーで毒だしダイエット!【激安】 / ドクターコーヒー / 無料でできる!ほったらかしでOK!ネットで稼ぐ、超シンプルな方法♪ / みちのコンセプト
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。